食品小売業様へのご提案

POSデータを活用することで実現できることは?

小売業様が自社POSデータを活用する目的は、お客様の心の動きを捉え、対応することで「お客様の支持を獲得し、売上向上・利益拡大が見込める」からです。そのために、2つの重要なポイントがあります!

POSデータをなぜ活用するの?

デッドストックは、単品管理を充実することで自社内で把握できますが、チャンスロスは自社POSデータを分析するだけでは把握できません。
では、何が必要なのでしょうか?
それは、自社のデータを市場POSデータ(他社のデータ)と比較することが必要となります。これは自社だけの力では難しい作業ですので、取引メーカーや卸と協働で取り組む必要があります。

POSデータから、具体的に何がわかるの?

まずは、自社のPOSデータを分析し、お客様の嗜好を把握することが大切です。お客様の嗜好は日々変化しますので、敏感に変化を感じ取り品揃えを対応させていく必要があります。
しかし、そのためには自社の力だけでなく、メーカーや卸の経験・知見を活かしたマーチャンダイジングの実現が不可欠となります。


当社がご提供するソリューションが強力にサポートいたします!

小売業POSデータ共有サービス:SUP-LINK

小売業様が、メーカーや卸との取り組みをするためにPOSデータを共有するシステムです。カテゴリーやメーカーシェア、単品動向等の結果がわかりやすく帳票上で確認できるため、協業作業を強力にサポートいたします。

課題カテゴリー発見支援ツール:スーパーアドバイザー

貴社のPOSデータと、KSP-POSの市場データを比較分析することで、課題カテゴリーの発見が可能になります。さらに、深い分析により課題の原因を推定し、解決方法を示唆いたします。
*詳しくはお問合せください。

当社が考える【POSデータ】

POSデータとは<商品の売上実績データ>ですが、言い換えると【お客様と商品が出会う貴社の店頭における、お客様の心の動きを反映したデータ】とも言えます。
お客様と貴社をつなぐPOSデータは、たくさんのヒントがつまったデータであり<宝の山>と言われています。特に食品は、お客様が何を購入するかの約80%を店頭で決めていると言われていますので、店頭でのお客様の心の動き、行動を把握することは極めて重要です。

食品スーパー
新商品売れ筋
ランキング

毎週更新

POSデータ利用が初めての方へ
  • なぜ、POSデータ分析が必要なの? 効果についてわかりやすく解説しています
  • 私たちのサービスの3大特徴 特徴を具体的にご紹介しています
  • 食品POSデータ利用体験サービスとは? 担当者がしっかりサポート まずはご体験を!
  • よくあるご質問 ご質問いただく内容をまとめました
  • 大学や研究機関などでもご活用いただいております
  • 日用雑貨メーカー卸売業の皆様へ 日用雑貨のPOSデータも提供しております
  • 小売り業者の皆様へ 食品小売業の皆様に、店頭活性化を支援するサービスを提供しております
店頭SP検討会
  • SP Club会員専用サイト