エナジードリンクの好調が続く一方、リラクゼーションドリンクにも注目

発行日:2023年4月12日
KSP-POS マーケットトレンドレポート Vol.164

  • エナジードリンクの好調により機能性飲料カテゴリーは大幅伸長が続く。
  • 一方、逆エナジードリンクとも言えるカフェインレスのリラクゼーションドリンク「チルアウト」も直近1年で大幅伸長。
  • 売上規模はまだ小さいものの、サウナブームや快眠訴求トレンドの背景もあり、今後の動向に期待される。

*POSデータの対象店舗数、抽出期間等は巻末参照。

機能性飲料カテゴリー動向

ゼリー飲料やエナジードリンク等を含む機能性飲料カテゴリーは直近1年間、前年を上回る売上で推移を続けている。2022年4~2023年3月の12か月計で金額前年比113%、数量前年比112%と2桁の増加幅。


▲KSP-POS食品SM(全国、月次 2022年4月~2023年3月)

 

ブランド別

機能性飲料はどのブランドも大きな価格の変動は見られない。ブランド別に金額前年比を確認すると、ゼリー飲料(inゼリー、PERFECT VITAMIN)は前年2022年2~3月がコロナウイルス感染拡大の影響を受けて売上が大きかった為、2023年2~3月は前年マイナス。エナジードリンク(モンスターエナジー、レッドブル、ZONe)は前年比プラス基調で増加幅の大きい月が多く、機能性飲料カテゴリー全体の好調に寄与している事が分かる。

▲KSP-POS食品SM(全国、2022年4月~2023年3月計)

▲KSP-POS食品SM(全国、月次 2022年4月~2023年3月)

 

 

リラクゼーションドリンク「チルアウト」

眠気を覚ましたり、疲労を回復させる効果があるとされているエナジードリンク。このエナジードリンクが好調な一方で「リラックスを味わおう」と訴求するリラクゼーションドリンクのチルアウトも直近一年で大きく売上を伸ばしている。チルアウトの売上はエナジードリンクの各ブランドと比較すると小さく、規模感が異なる段階ではあるが、睡眠訴求商品など新しい健康価値がトレンドになりつつある昨今において(※)リラクゼーションやチルといったコンセプトは今後の動向に期待されるのではないだろうか。

※Vol.158参照 https://www.ksp-sp.com/open_data/topics/2022/0930.pdf

▲KSP-POS食品SM(全国、月次 2023年3月)

▲KSP-POS食品SM(全国、月次 2021年5月~2023年3月)

 

調査概要

POSデータ: KSP-POS 月次データ
期間 :月次2021年5月~2023年3月
地域 /店舗数 : 全国 約780店舗

*KSP-POSは全国約1040店舗の食品スーパーから収集した販売情報データベースです。

参考 :チルアウトブランドホームページ https://butfirstchillout.com/

SNSでもご購読できます。

【食品POSデータの販売・分析・活用の株式会社KSP-SP】

弊社は全国食品小売業約1040店舗から収集したPOSデータをメーカー様、卸売業様に活用いただくためのPOS情報として販売しております。

<主なご提供サービス>

  • インターネット経由で検索・ダウンロードできる月額定額制のクラウドサービス(KSPワイド 他)
  • 価格分析や競合分析など特定のテーマに絞って提供するPOS分析レポート
  • 得意先様のPOSデータ活用支援を行うPOSデータ専門分析ツール(CCMC_S)
  • 小売業様のPOSデータ開示を支援するための専門ツール(SUP-LINK)

■著作権・引用出典

弊社は、本レポートと、図表やデータ(以下「本レポート等」といいます。)に関する著作権等の知的所有権を保有しています。本レポート等は、お客さまが私的使用のための複製や引用の目的で利用する場合に限り、ご利用頂けます。引用する場合は、出典として「出典:株式会社KSP-SP マーケットトレンドレポート Vol.●●」を明記のうえご利用ください。画像の権利は弊社以外の第三者が保持している場合があります。

■免責事項

本レポート等の正確性、完全性、最新性、有用性または特定の目的についての適合性については、弊社は保証しておりません。本レポート等の利用による直接的、間接的な損害について、弊社は一切の責を負いません。

株式会社KSP-SP
〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-1 No.R浜松町4階

URL:https://www.ksp-sp.com/  mail:ksp-info@ksp-sp.jp

-->