SUP-LINK:小売業POSデータ共有サービス

POS分析のしやすさから、業界トップシェアです!

<小売業・メーカー・卸売業>の協働MDをサポート
使いやすさ、操作性に優れた
小売業POSデータ共有サービス「SUP-LINK(サップリンク)」。

開示されたPOSデータの活用をサポートします!

食品スーパーの現状(自社の社員だけでは?)

食品スーパーは、高齢化社会・人手不足・競合の出店、生活者の居住スタイル・ライフスタイルの変化など様々な要因によって利益増が非常に難しくなってきております。また、社員の業務範囲は拡大し、自社のデータを分析する時間が取れなくなっているのが現状です。一方、お客様に支持される売場作りのためには、POSデータの分析・活用の位置づけはますます重要になってきています。そこで、メーカーや卸売業とデータを共有し、知恵を出し合いながらマーチャンダイジングの強化を目指しています。

POSデータの協働MDへの活用

「SUP-LINK」は、特定食品スーパーのPOSデータをメーカー・卸売業と共有することで、売上増加に繋がるマーチャンダイジング・プロモーションの提案や検討をするための、POSデータ検索サービスです。

「SUP-LINK」のイメージ図

「SUP-LINK」のイメージ図

食品スーパーにとってのSUP-LINKとは?

自社にとって有益な販促・マーチャンダイジング提案を実施いただくために、メーカーや卸売業へ自社のPOSデータを開示する仕組みです。

  • 前年データ、最新データを活用し、カテゴリーの動きやメーカー別の売上比較から、売れ筋商品・対策が必要な商品を簡単に把握できます。
  • 全店舗を横並びで比較することが容易です。
  • メーカー・卸売業から受けた企画がすぐに検証できるので、売上のよい企画の拡大や、次の対策に向けた分析が可能になります。
メーカー・卸売業にとってのSUP-LINKとは?
  • 店舗間の実績のバラツキを早期に発見できることから、機会損失を減らし、短期の売上増が期待できます。
  • メーカー、自社のインストアシェアが早期に把握できることから、課題の早期発見に役立ちます。
  • 対象スーパーのPOSデータ(売上実績)に基づいて、自社商品のプロモーション企画・提案を、仮説を立てた上での実践(実験)、及び検証が可能となります。
  • 前年データ&最新データ&時系列データを活用しながら、「売れていない商品」「新たに提案が必要な商品」を日次、週次(52週)、月次の切り口で分析することができます。

費用

「SUP-LINK」のご利用料金は、下記となります。

初期費用450万円
利用料18万円~/月
※料金はすべて税抜です。

食品スーパー
新商品売れ筋
ランキング

毎週更新

POSデータ利用が初めての方へ
  • なぜ、POSデータ分析が必要なの? 効果についてわかりやすく解説しています
  • 私たちのサービスの3大特徴 特徴を具体的にご紹介しています
  • 食品POSデータ利用体験サービスとは? 担当者がしっかりサポート まずはご体験を!
  • よくあるご質問 ご質問いただく内容をまとめました
  • 大学や研究機関などでもご活用いただいております
  • 日用雑貨メーカー卸売業の皆様へ 日用雑貨のPOSデータも提供しております
  • 小売り業者の皆様へ 食品小売業の皆様に、店頭活性化を支援するサービスを提供しております
店頭SP検討会
  • SP Club会員専用サイト